2014年11月30日日曜日

レーザーでクリスタルガラスの置物に写真を彫刻

炭酸ガスレーザーはクリスタルガラスととても相性が良く、きれいに彫刻できます。一般的にグラスやビアジョッキなど、あらゆるガラス製品はソーダガラスで出来ているので、レーザーを照射した場合に多少の剥離がおこります。一般的にガラスに細かな彫刻ができないのはこのためです。写真も彫刻できません、

以下のグラスのようになります。クリスタルガラスはきめが細かいので、やわらかい感じできれいに彫刻できます。でも、値段が高いのが難点です。また、ニセモノも多く出回っており、値段が安いものはほとんどがそうです。簡単に剥離してしまい、指に突き刺さります。彫刻どころではありません。要注意です。

2014年11月11日火曜日

アメリカ道路標識の表札をレーザー彫刻機で作った

キャストアクリルの3ミリ板を使ってレーザー加工機でカットして作った表札です。このてのものではルート66を模したかたちが多いですが、このような普通のアメリカの道路標識を模したものも人気があるみたいですね。アクリルは屋外でも日光や風雨に強いので表札の素材には適しているようですね。加工も簡単でレーザーでカット出来ますし、厚さもいろいろ色もいろいろあるので面白い素材です。軽いのでアクリル系の両面テープでしっかりくっ付くので設置も簡単で値段も安いのでこれからもっと需要が増えるでしょうね。

2014年10月12日日曜日

2014年10月11日土曜日

ガラス製の花瓶にレーザー彫刻

直径18cmの大きなガラス製の花瓶にレーザー彫刻してみました。球体に近いかたちなので縦方向へはレンズの焦点距離の問題があり、これ以上大きくはできませんが、横方向へはもっと広い範囲まで彫刻することもできます。ちなみに直径は18cmが最大加工範囲であり、取っ手がある場合は半径9センチが最大加工範囲です。

レーザー彫刻で木彫りの写真入りオリジナル時計を自作

ヒノキとメープルウッドを使って写真入りのオリジナル時計を作りました。彫刻部分は2段彫刻のレリーフで立体感を出しています。厚みがあるので置時計として使うこともできます。

2014年7月5日土曜日

サーモスタンブラーにレーザー彫刻

サーモスタンブラーにマーキング剤を使ってこどもが描いた絵をマーキングしました。このタンブラーは真っ直ぐな円錐形ではないので、下のほうへいくとレンズの焦点からはみ出てしまいます。2インチレンズを使っているので多少のズレは品質に影響ありませんが、3ミリ以上焦点からズレるとマーキングできなくなるので、当初予定より小さくしました。ステンレスなので黒くきれいにマーキングすることができました。洗っても、強くこすっても絶対にとれません。これで冷たいビールを入れて飲
むことにします。